expert icon

新型コロナウイルス感染症
(COVID-19)時代において適切な
肺がん診療を受けていただくために

千葉大学医学部附属病院 腫瘍内科 教授
滝口 裕一先生

 肺がんの治療は外科治療(手術)、放射線治療、薬物治療に大別され、病気の進行具合や患者さんの状況に応じて適した治療が行われます。新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)が流行する状況においても通常通りの適切な治療を継続すべく、医療従事者の方々は尽力されていますが、一方で肺がん患者さんは「自分も感染するのではないか」など、さまざまな不安を感じていると思います。
 そこで、世界的に感染予防対策が大きな課題となっているCOVID-19をテーマとして取り上げ、日本肺癌学会COVID-19対策ステートメント作成ワーキンググループ委員長として「COVID-19パンデミックにおける肺癌診療:Expert opinion」の作成に携わられた滝口裕一先生に、肺がん患者さんのCOVID-19の感染リスクやCOVID-19感染予防策などを解説いただくとともに、COVID-19時代において適切な肺がん診療を受けていただくためのアドバイスなどをお聞きしました。

【取材】
2020年10月 千葉大学
【更新】
2021年5月
 
2021年10月
滝口裕一 先生

※本内容は、取材当時のCOVID-19感染状況をもとにお話ししていただいております。掲載時の感染状況とは異なる可能性があることをご了承ください。

第3回COVID-19時代においても適切なタイミングで
がん検診、がん治療を受けていただくために
公開日:2021年10月29日

 COVID-19の流行下でも、がんを早期に発見し、がん治療を開始することは重要で、そのためには適切なタイミングでがん検診・がん治療を受けることが大切です。そこで、がん検診の現状や定期的な受診の重要性などについてお話しいただくとともに、医療機関を受診する際のアドバイスをいだたきました。

滝口裕一 先生

COVID-19感染拡大によるがん検診への影響は?

 自治体や職場のがん検診は通常、新年度が始まる4月から開始されます。2020年はCOVID-19の感染拡大のために、がん検診は8月頃までほぼストップしていましたが、9月以降、徐々に開始され、10月にはがん検診を受ける方の数が例年とほぼ同程度にまで回復しています。2021年は、自治体のがん検診は実施されていますので、手洗い、マスク着用など基本的な感染対策をしたうえで、受診してください。
 がん検診の遅れががんの早期発見・早期治療に影響を及ぼす可能性もあります。例えば、毎年4月にがん検診を受けていた方の場合、2020年は9月頃まで検診業務がストップしていたため、前回の検診から1年を超えた間隔があくことになり、その間にがんが発生している可能性も否定できません。また、検診でがんを指摘されたものの、すぐに精密検査を受けず、しばらくして受けたところ、がんが大きくなっていたということも起こり得ます。
 がんは、比較的短期間で大きくなったり、ほかの部位に転移したりすることもあり、がんを早期に発見できなかったことで、病状の進行につながったり、治療が難しくなることが懸念されます。そのため、COVID-19が流行している状況であっても、必要な感染対策を行ったうえで、きちんとがん検診を受けていただきたいと思います。

COVID-19流行時、肺がん治療をどのように考えればよいのでしょうか?

 肺がんに限らず、治療を中断すると、病状が進行したり、合併症を発症する恐れがあります。例えば、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の場合、治療を1、2か月中断しても一見症状に変化がないように思われますが、その後脳血管障害(脳梗塞など)のリスクが高くなったり、虚血性心疾患(心筋梗塞など)を突然発症することもあり得ます。肺がんも同様で、治療を中断している間に、がんが進展することもあり得るのです。そのため、治療の継続が重要です。
 また、医師から「定期的な受診が必要」といわれながらも、「薬を飲んでいるから大丈夫」と思って受診を控えていると、医師は患者さんの状態を定期的に評価できず、次に受診した時には病状が進行してしまっていることも懸念されます。そのため、肺がん患者さんはCOVID-19の流行時でも、定期的に医療機関を受診してください。

 感染予防も重要ですが、がん検診を受けないことや、受診を控えて必要な治療を中断してしまったりすることのデメリットも一人ひとりが認識しなければいけませんね。

医療機関を受診する際や日常生活で注意することはありますか?

 各医療機関は確かな感染対策を行っており、自治体が指定した医療機関以外はCOVID-19の患者さんを受け入れないなど、外部から新型コロナウイルスが侵入しないよう最善の努力をしています。仮に、新型コロナウイルスが院内に侵入しても、院内で感染が広がらないように十分な院内感染対策を行っています。例えば、職員が一斉に昼休みをとることはせず、また食堂のテーブルの間隔を広げ、食事中は一切会話しないなど、徹底した感染防止策をとっている医療機関もあります。こうした対策によって医療機関で新型コロナウイルスに感染するリスクは低いので、心配せず受診してください。
 ただし、患者さんにも感染対策を行ったうえで来院してくださるようお願いします。COVID-19は無症状のこともあり、無症状の患者さんからも感染が広がる可能性があります。そのため、医療機関を受診する際にはマスクを着用し、入り口での体温チェック、手指の消毒などにご協力ください。また、発熱などの症状がある場合、感染者との濃厚接触の可能性がある場合は、来院される前に予め電話等で連絡をしてください。
 ご自宅などで療養されている患者さんを、他の地域に住むご家族やご友人が訪ねたいということがあるかもしれません。その患者さんが訪問看護や訪問介護を受けている場合、他の地域からの訪問者があった患者さんのもとへ訪問看護師や介助士をしばらくの間、訪問させない訪問看護ステーションや訪問介護ステーションもあります。これは、訪問看護師や介護士の感染を予防するための対応ですので、同居するご家族以外との接触は極力避けていただくようご理解・ご協力ください。
 欧米に比べて日本のCOVID-19の患者さんが少ない理由の一つとして、マスクの着用や手指の衛生などの感染対策が徹底していることが考えられます。COVID-19の感染拡大を予防するためには適切な感染対策を続けることが大切です。また、ワクチン接種は感染対策として極めて有効です。まだ接種を受けていない方がいれば、肺がん患者さんもワクチン成分に対するアレルギー既往などがない限り、体調のよい時にワクチンを接種することをお薦めします。今後も、必要な、理に適った感染対策を行いながら、これまでと同様に肺がん治療を継続してください。

 医療に従事される方々は常に細心の注意を払って、患者さんが心配なく受診できるように、徹底した感染防止策をとり続けてくださっています。
 そうした医療従事者の方々のご尽力に応え、医療体制を維持するためにも、私たちが日常生活において一人ひとりが感染予防の習慣を忘れないことが重要であると痛感しました。

pagetop