expert icon

肺がん薬物療法の発展と
がんゲノム医療の将来への期待

自治医科大学 内科学講座 呼吸器内科学部門 教授
萩原 弘一先生

 患者数が多いことで知られる肺がんですが、治療法が大きく進歩し、予後が改善しています。近年では、治療につながる遺伝子変異の有無を調べる診断法が普及し、その結果に基づいて薬物療法が選択されるようになりました。さらに、多数のがん関連遺伝子変異を一度に調べられる検査も可能になり、有効な薬剤を効率的に選択できる「がんゲノム医療」への期待が高まっています。
 がんと遺伝子の関係、そして、がんに関連する遺伝子をターゲットにした治療の進歩について、肺がんのゲノム医療に注力されている萩原先生にお話を伺います。

【取材】2021年8月19日(木) 小山グランドホテル
萩原 弘一 先生
第3回肺がんにおけるがんゲノム医療の今後
公開:2022年8月29日
更新:2022年11月

 第3回では、肺がんにおけるゲノム医療の今後の展望と、萩原先生が中心となって研究されている肺がん分野のゲノム検索システムについてお話を伺います。終わりに、肺がん患者さんへのメッセージもいただきました。

がん遺伝子パネル検査の課題

萩原 弘一 先生

進行肺がんでは、がん遺伝子パネル検査は
どの程度行われているのでしょうか?

 薬物療法の進歩により、進行肺がんの患者さんに使える治療薬は毎年増えています。それらの薬剤を適切に使うためには、いくつかの重要な遺伝子変異があるかないかを調べる必要があります。
 肺がんと診断された患者さんには、コンパニオン診断薬による遺伝子変異検査が行われます。治療薬がある遺伝子変異が見つかれば分子標的薬を使います。また、遺伝子変異が見つからなくても免疫細胞の表面にがん細胞への攻撃にブレーキをかけるタンパク質が強く出ていれば、それを抑える免疫チェックポイント阻害薬を使います。最初の治療がうまくいかなくても、第二、第三の薬物療法の選択肢があります。がん遺伝子パネルは「標準治療が終了した(あるいは終了見込み)」患者さんに使う検査なので、がん遺伝子パネル検査をお勧めする段階に至ることは少ないのが実情です。

がん遺伝子パネル検査をする上での課題や問題点は?

 第2回でもお話したように、がんゲノム医療として遺伝子パネル検査をした時に治療薬に結びつく患者さんは10%程度です1)。しかし、ゲノム医療は将来に向けた投資という側面を忘れてはいけません。今後の創薬に絶対欠かせないことは理解されつつも、現世利益だけでメリット・デメリットが判断されてしまうと、来世利益につながらなくなることが危惧されます。
 また、臨床検体が十分に採取できないため、がん遺伝子パネル検査へと至らない場合もあります。がん遺伝子パネル検査用の検体は、いくつもの治療を重ねて標準治療が終了した患者さんから採取することになるので、患者さんの体の負担も考慮すると、量的にも質的にも十分採取できないことが少なくありません。確実に検査結果が得られるのか、結果が得られても患者さんに適した薬剤があるのか、参加できる臨床試験があるのかなどの現世利益を明確に示せない場合、検査に踏み切れないことも少なくありません。

1) Sunami K et al. Cancer Sci 2019; 11: 1480-1490.

 萩原先生らの研究チームは、肺がんの臨床現場で使いやすい遺伝子検査を目指して、次世代シークエンサーを用いた進行肺がんに対する多遺伝子変異検査システムMINtS(the Mutation Investigator using Next-era Sequencer)を開発されました。その開発の目的について伺います。

多遺伝子変異検査システム「MINtS」とは

MINtSを開発した目的は?

 がん遺伝子パネル検査には多くの検体が必要ですが、十分な量を採取するのはしばしば困難です。また、既存のコンパニオン診断薬でさえ、ある程度の量の検体が必要です。十分量の検体が採取できない、あるいは検体の状態が不良という理由により、患者さんでも2~3割のコンパニオン診断薬による検査が受けられていませんでした。さらに日本では、気管支鏡を用いて、なるべく患者さんに侵襲を与えない細胞診を活用して肺癌を診断しています。検体量を多く取ることと患者侵襲を少なくすることは、相反することなのです。
 そこで、気管支鏡で採れるごくわずかな量の細胞診による検体で、がんの診断から遺伝子検査までを実施できるようにしたいと思い、肺がん薬物療法に関連する遺伝子を包括的に検査するシステムを開発、実用化を目指しています。少量の検体で遺伝子検査ができれば、多くの患者さんで遺伝子変異の診断ができることが期待できます。「検体が十分量採取できないから遺伝子検査を受けられない」ことがないように、多くの患者さんが現世利益を受けられるようにしたいと思っています。

肺がん患者さんの将来のために

終わりに、萩原先生から肺がん患者さんへのメッセージをいただきました。

 肺がんの標準治療は、地域のがん診療連携拠点病院で受けられます。肺がんに限らず、がん治療は学会のガイドラインに沿って行われます。しかし、必ずしもガイドライン通りに治療することがその患者さんにとってベストな治療とは限りません。患者さんご自身のライフスタイルや価値観に基づき、主治医とよく話し合って、ご自身にとって最適な治療を選択していくようにしましょう。肺がんの薬物療法は進歩を続けていますが、どの治療薬をどの順番で投与したらよいか、全体像はまだ分かっていません。治療は日進月歩で進歩しています。そして、最新の治療が提供できるよう、医療者は一生懸命勉強しています。古い情報に踊らされず最良の治療が受けられるよう、一緒に頑張っていきましょう。

 萩原先生のお話から、がんの発症に関わる遺伝子が解明されつつあるとともに、遺伝子変異をターゲットとして薬剤開発がおこなわれていること、コンパニオン診断によって有効な分子標的薬が選択できることがわかりました。今では、遺伝子変異を網羅的に調べて治療する「がんゲノム医療」が行われるようになりました。現在の患者さんに適した治療法が見つかるだけでなく、将来の医療を作るデータとして活用されると思われます。
 がんゲノム医療の発展によって、肺がんの薬物療法がさらに進歩し、将来の治療選択肢がさらに広がることが期待されます。
 萩原先生、ありがとうございました。

pagetop